面白動画像

面白い動画や画像などクスリと笑える話題を集めました

「ピコ太郎について語り尽くすことは僕にはできない」もしも村上春樹が○○を書いたらシリーズ


もしも村上春樹が「ペンパイナッポーアッポーペン」を書いたら。

もしも村上春樹が「ペンパイナッポーアッポーペン」を書いたら。 pic.twitter.com/yKeXKKRa3n

この記事を書いているサブカルの貴公子は、文学部国文学科出身で、卒論は漱石でだしたものの、大学在学中にはもちろん村上春樹のこともかなり熱心に読みましたし、レポートをいくつもかきました。
そのレベルからしても、このツイートはほんとうによくできていますね。
村上春樹への愛を感じます。
まあこの村上春樹らしさというのが一番強く出ているのはやはり最初の作品である『風の歌を聴け』でしょうか。
非常に初期の春樹らしさをかんじさせるツイートとなっています。

このツイートが話題になったのはおそらく去年の10月ごろの話でしょう。
おそらく一度私のTLにもながれてきたのでしょうが、そのときはそのままで、いまになってまたふたたび回ってきましたので、そろそろ時間も経過しているし、他の春樹シリーズもあるだろうと思ってまとめてみました。

アメリカ人の友達に頼まれて、@kossetsuさんの「もし村上春樹がペンパイナッポーアッポーペン @pikotaro_ppapを書いたら」を英訳してみました。しかも、友達に送ったらなぜか校閲されて返ってきた。。笑 それっぽくなりま… twitter.com/i/web/status/7…

10月31日には、この先のツイートの英訳まででてきてしまっています。
いやはや、みなさん芸が細かいですね

もし村上春樹が桃太郎を書いたら~ノルウェイの桃~

桃男についてなにかを語るとすれば、まずは彼が生まれるきっかけとなったある一日のことをすっかりすべて話す必要がある。
それは―少なくとも僕にとっては―極めて微妙で繊細な事象なので、そのプロセスを抜いてしまってはうまく伝えることができないからだ。
だから何一つ包み隠すことなくその日ことを話そうと思う。
いまから十年前のことだ。

もしも村上春樹がカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたら。

もしも村上春樹がカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたら。 pic.twitter.com/La376O749Y

もし、村上春樹風に「意識をこじらせたデブとメンヘラ気味な彼女」の一日を書いたら

どれもおもしろいですねえ。
文学研究の場でいわれることなんですけれども、文学研究をしらない読者は、本を読むとは、その内容、物語り内容を読むのだと認識しているのだけれども、実はそれは違うのだ、ということなのですね。
たとえば恋愛でいえば、途中どんな過程があろうとも、結論としてはくっつくか、わかれるかの二択しかないわけですね、いろいろなバージョンがあるとしてもですよ。
ですから、私たちはその物語の内容や結果を愉しんでいるのではない、むしろ今回みてもわかるように、文体を愉しんでいるのだということなのです。

文学で大事なのは文体

ということで、村上春樹の文体を体得してしまえば、それをトレースしていろいろなものがたりを描くことができる、そこに村上春樹らしさがでて、だけど村上春樹はこんなのかかないでしょ、というギャップができておもしろい、ということになるのですね・

他にもいろいろな組み合わせがありますよ。
少し見てみましょう

もし司馬遼太郎がドラクエをつくったら honeysuckle.hatenablog.jp/entry/2015/10/…

そのうち、村上春樹がドラクエを書いたら、とか出てくるな

前に「村上春樹が桃太郎を書いたら」ってのがあったけど、これはレベルが違うんだろうなw RT @aki_u_ench: シェイクスピアの翻訳で知られる、河合祥一郎さんの「もし、シェイクスピアがスターウォーズを書いたら」という本 pic.twitter.com/1XfOKOl5cL

-未分類