面白動画像

面白い動画や画像などクスリと笑える話題を集めました

あなたはツッコミ派?ボケ派?お笑いから学べるコミュ力まとめ


コミュニケーションにおいて、複数の人間がユーモアを表現する時、その表現方法は自然とボケ・ツッコミの2種類に大きくわけられます。

こちらから相手に何かを指摘して笑いを取る会話術がツッコミ。
あなたの言動にスキを作って相手があなたに話しかけずに居られなくなる会話術がボケ。

ツッコミ派

社長「最近のノートパソコンはどんどん薄くなっていくね」
あなた「そうですね」
社長「まるで、俺の髪の毛みたいだわ」
いかがでしょうか。おそらく、なんと返せばいいかわからず、ほとんどの人が言葉に詰まってしまうでしょう。(中略)そこで、次のツッコミを入れてみます。
「じゃ、最新ですね!」

これくらいできたら完全にツッコミ派です。

【ツッコミの対象】
1.ボケ→間違ったことや、おかしなこと
2.外見→一歩間違えるといじめになってしますので技術が必要!
3. 状況→「年下だろ!」のようなツッコミ。普通に会話につっこむことにより笑いが起きることが多く、ツッコミが笑いを作っています。
4. 感情→精神的状況に対してつっこみます。フリがないので予想外の笑いになりやすいです。ワンランク上のツッコミ。
5. 周りの景色(色など)→床に向かって「白かよ!」と突っ込むなどです。形や大きさなども。最終手段としてのツッコミ。
6. 自分のボケ→一人ツッコミ。処理しづらいボケをされた時など。かなり難しくできる人は稀。

「たとえツッコミ」は共感させることが大切で、ボキャブラリーの量が鍵。プロが使うテンプレートなどを覚えておくとよいかも??

1.「◯◯で言うたら◯◯やで!」(例える)
例)手柄を横取りしようとする先輩に→「裏切らないでくださいよ、先輩! 歴史でいったら本能寺の変ですよ、これ!」
2.「◯◯ぐらい◯◯だよ!」(基準をずらす)
例)部下のコピーが遅いことに→「遅いよ! 雨の日の宅配ピザぐらい遅いよ!」
3.「◯◯しすぎて◯◯するわ!」(結果をずらす)
経費節約のためクーラーの電源を切った上司に→「勘弁してくださいよ、部長! 汗かきすぎて蒸発しますよ、僕ら!」

【どつきツッコミ】例)ダウンタウンの浜田さんのように…静かに近づいて、頭をひっぱたく。
【一刀両断】例)クリームシチューの上田さんのように…「やめろー!!」「うるさーい!!」
【全力ツッコミ】例)「江戸時代に徳川家康という人がいましたよね」「見たんかてー!!!」※ボケに近い
【例えツッコミ】例)「おまえは、やんちゃなコブタか!」
【無視】例)オードリーのように、「春日のここ空いてますよ。てへっ」「…………ぼく、この前ですね、」
【 リアクション 】
「きのう僕、大型トラックを食べまして」「えーマジで!」
【スカシツッコミ】例)「好きな食べ物は?」「キツネが作ったおいなりさんです」「はいはい」

【説明ツッコミ】例)ナイツのように、「ヤホーで検索しまして…」「ヤフーね」
【ノリツッコミ】例)「おまえは西郷隆盛か!」「おいどんでごわす。って私、人間ですけど」
「西郷さんも人間だよ!」

脳がたとえることにフォーカスされ、語彙をキャッチしやすくなる。
【たとえるジャンルをひとつに絞る】
オススメのひとつが、食べものの話題。人は毎日食事をしているので、共感を引き出しやすい。
◯キーワード:煮詰めるのが足りていない
「おまえ、ようそんなギャグ出せたな! おでんみたいにもっと煮込んでから人前に出せよ!」
◯キーワード:歯ごたえがない
「おまえ、ようそんなギャグ出せたな! おかゆでも、もうちょっと歯ごたえあるぞ!」
(フットボールアワーの後藤さんのツッコミより)

SNSやコメント打ちでよくみかけます
【( ゚д゚c)ナンデヤ( ゚∀゚)っ))ネンッ!!】【コラ!(乂∀・)┌┛)`д)・∵.】【(ノ∀`)σええ加減にせぃw】 

個人的には【ww】がいちばんオシャレシンプルなツッコミだとおもいます・・

お笑いの才能とは「つくる能力」のこと。対してお笑いのセンスとは、なにがおもしろいのかを「選ぶ能力」だと著者。才能はどうにもならないものですが、センスは磨けば光るもの。だからこそ、ジャンルをひとつに絞る制約を課し、ことばを選ぶ作業にまで落とし込めれば大丈夫。そのセンスも後天的に伸ばすことができ、並行してインプットを行えば必ず力がつくそうです。(131ページより)

レンタルなどはないそうなので本格的に勉強したい方におすすめです。
【笑いの環境分析フレームワーク】
http://blog.owarai-technic.com/archives/529
こちらもあわせておすすめです♡

ボケ派

いちばんシンプルなボケの方法です。
何が正しくて、何が間違っているのかが分かっていなければ、面白いボケはできません。常識を身につけて、何がおかしいのか理解する。そのうえで、ボケを実行します。
発想をずらしたり飛ばしたりしてギャップをつくることが鍵。

思いがけない言動であっても予想の質を下回っていたら笑えません。雑談でボケて笑いを起こすなら「決して下回ってはいけないボーダーライン」です。
【合コン、飲み会で使われているド定番ボケ集】
http://kiirowa.com/boke/bokesyu/bokesyu00300.html
【デート、友人と遊ぶときに使われているド定番ボケ集】
http://kiirowa.com/boke/bokesyu/bokesyu00400.html

例)相手の自己紹介時にボケる
相手 「ヒロコです」
あなた「聞いたことある!」

1.相手の見た目や感じたことをそのまま指摘する
2.相手に質問する
3.相手を褒める
4.相手をしかる
「挨拶」をするべきところでは、「挨拶」→「4つの話し方のどれか」の流れになります。

自分のキャラを大げさにアピールするして笑いを取る→キャラを上手に裏切って笑いを取る

【あなたが低身長のちびっ子キャラだった場合】
相手 「電球取り替えたいんで、脚立持ってきて」
あなた「脚立がないと取り替えられないの?僕なんかほら(片手を真上に上げて、手首を前後に振る)」← ボケ
相手 「ぜんぜん届いてないよ(笑)」

テレビやマンガには、誰もが知っている数々の名セリフや決めゼリフ、耳に残るフレーズが存在します。そんなフレーズを会話の中で、そのまま、もしくは適当にアレンジして使うと会話に笑いをもたらすことができます。

「オラオラオラオラ」「やれやれだぜ」「てめぇは俺を怒らせた」
(マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」より)

昔一瞬だけはやった流行語など、今使ったら恥ずかしいような言葉をあえて使ってみます。言葉の内容よりも、言い方で笑わすことを心がけてください。

かわい子ちゃん、これモン、こんなん出ましたけど、だっふんだ、まいっちんぐ、帰るコール、それがあなたのいいところ♪、失楽園する、もっとはじっこ歩きなさいよ、私はコレで会社を辞めました、アウト・オブ・眼中、あじゃぱー、開けてびっくり玉手箱、あきすとぜねこ、インド人もびっくり、おっくれてる~、オバタリアン、そんなバナナ、ちょめちょめ、飲みゅにケーション、モチのロン、ゆるしてチョンマゲ、余裕のヨッチャン、ワタシ ニホンゴ ワッカリマセ~ン、シティー・ボーイ

ここで言う、韻を踏むとはダジャレや語呂合わせです。同じ音やリズムの言葉を繰り返すと面白く聞こえます。一歩間違えれば親父ギャグになります。サム~い空気をなるべく避ける方法としては、ダジャレを言ったときに、会話の流れを壊さないことです。

相手 「今度の誕生日会、寿司を出前するんだってさ」
あなた「いいね、寿司大好きだよ」
相手 「何が一番好き?」
あなた「えなりかずき」
相手 「は!?」← ダジャレが完成する前に、相手の会話を挟んでみた
あなた「いや、いなりが好き。うそ。言ってみたかっただけ。いくらが好きです」

あなたの知らない言葉や、話題が出たときに、あえて知ったかぶり、間違った認識を披露します。そこをツっこませて笑いを取ります。この会話術が使用できる条件は、相手の言っている言葉の意味が本当に分からないときです。

相手 「私が一番感動した映画は、ファインディング・ニモかな」
あなた「そうなんですかぁ~私格闘系の映画駄目なんですよ。人が殴られてるの、痛々しく見てられないんです」← ボケ
相手 「え!何言ってんの?ファインディング・ニモは魚の映画だよ」
あなた「ファイティング・ニモじゃないんですか?私映画、あんまり詳しくないんですよ」

相手が何か意見を言ってきたら、一旦否定します。その後、確認の作業をして大きく共感の言葉を発することで笑いが生まれます。

相手 「このドーナッツすっごいおいしいよ。食べてみて」
あなた「すごいって、ドーナツなんてどれも一緒だよ~。私こういったお菓子にはうるさいんだから」← 否定
(そして、一口食べる)
あなた「うまっ!何コレ!!」← 共感

【言ってることやってることを逆にしてボケる】
フリの部分を強く強調して、自分はこんな人間だと、相手に思い込ませることです。その後のセリフで、強く強調した部分と、間逆の言動をすれば、オチになります。フリからオチまでの会話が長いと、ただの嘘つきと思われる可能性が出てきます。

~食堂にて~
相手 「俺は親子丼にする。お前は、何するか決まった?」
あなた「う~ん。最近おなか出てきたから、ダイエットしてるんだよね」← フリ
相手 「そっか。それは大変だな」
あなた「じゃあ僕は、カツ丼、大盛りで!」← オチ
相手 「どこがダイエットだよ!」

会話に出てきたキーワードや、出来事から勝手なストーリーを妄想してます。

あなた「ボーナスすごい減ってたよ」
相手 「俺もだよ。でもまあ、ボーナス出るだけでも良しとしないとな」
あなた「何いってんだよ。俺は結婚して子供もいるんだぜ。家のローンだってまだ30年ある。このペースでボーナス減ってみろ。こずかいは無くなるだろうな。妻からの「お帰りなさい」もなくなる。いつしか二人は険悪なムード。そんな空気を察して娘は、家に居づらくなる。暴走族に自分の居場所を見つけるんだ。難しい漢字がいっぱい書いてある制服とか着て、よなよなバイクで自由を求めて走り出すんだ。あ~幸せな家庭が崩れていくぅぅ~」← 勝手に妄想

妄想トークには、楽しいことはより楽しく、悲しいことでも、悲しさを小さくさせる効果がありますが相手が真剣に落ち込んでいるときは、一緒に落ち込んであげましょう。

世の中には本音と建前が存在します。建前を使うべきところは、本音を言うと相手が引いてしまうような場面です。そんな場面で赤裸々に語ってしまえば、相手にとっては予想外です。言い方をちょっとユーモアに工夫すれば、笑いを生むことができます。

相手 「オレのどこが好き?」
あなた「お金持ってるところ!」

会話をしていると、相手から否定的な発言を受けることがあります。相手の思い通りにからかわれたら、調子にのって発言がエスカレートするかもしれません。ここは、相手の一歩上をいって、あえて同調しましょう。からかわれて「笑われる」のではなく、ネガティブな発言を受け入れて「笑わせる」のです。器のでかさもアピールできて一石二鳥です。

相手 「退屈してるでしょ?」
あなた「いや、ふぁ~(あくび)」

道理に合った説明をしません。あえて常識外れで不自然な理論を正当化して相手の説得を試みます。当然、説得はうまくいきませんが、強引なこじ付けで頑張って説得する姿、論法でウケが狙えます。

相手 「どうして浮気なんかするの、信じられない!」
あなた「お前に叱って欲しかったんだよ!ドMなんだよ!!」

-未分類