面白動画像

面白い動画や画像などクスリと笑える話題を集めました

キャラパレードで話題!女芸人「Aマッソ」とは誰ぞや

2017/02/03


彼女たちは一体何者なのか?

出典i.yimg.jp

これからいいまっせ

プロフィール

ワタナベエンターテインメント所属
芸歴6年目

右 加納愛子
1989/2/21
ネタ作り担当

左 村上愛
1988/6/16
頭が悪くて足が速い

芸風

漫才、コント両方行う。
きつめの関西弁。
ネタ番組では「Wボケ漫才」と紹介されることがあるが、Wボケ漫才だけをする訳ではなく、ネタによってボケとツッコミの担当は変わる。
加納独自のワードセンスや世界観は、倉本美津留、笑い飯、いとうせいこうなどから高く評価されている。
女芸人でありながら、男を笑わせにいくネタと称されることが多い。

二人で同居しており、加納がネタを作りに専念する一方で、村上がバイトをして生活費を稼ぐという完全分業スタイル。

来歴

大学生の時に普通に就職活動をしそうだった村上に対する「そんなんおもろないやろ」という加納の鶴の一声で結成

インディーズライブにて事務所関係者がスカウト。
松竹芸能タレントスクール大阪校に特待生として入学。
2010年4月に「Aマッソ」としてデビュー。
2011年に上京して松竹芸能東京に所属。

2013年に松竹芸能を退社
退社原因は明言していないが、どうやら芸も姿勢も尖り過ぎてて事務所の手に負えなくなったことが影響した模様。
その後、フリー期間を経てワタナベエンターテインメントに所属。

2015年夏、とある番組出演から一部で注目を集める

250組が参加したオーディションで選ばれた9組の無名な若手芸人がペンションで共同生活。
一流芸人講師によって毎週与えられる課題を審査され、その度に1組ずつ、落とされていく。

惜しくも優勝は逃したが、奇抜な漫才は大きなインパクトを残し、講師の笑い飯や倉本美津留からも絶賛された

その後も着実にメディア露出を増やす

若手が出場する予備選挙でMVPに輝き、次回の本戦出場を決める。
ちなみに2014年MVPは厚切りジェイソン。

事務所の先輩ロッチによる紹介
初のトーク番組出演

8組の若手芸人による総当たり戦のネタバトル。
2016年9月現在、絶賛開催中

2016年4月からラジオのレギュラーも

毎週月曜日15時〜
出演
倉本美津留、大木少年(月曜総合司会)、Aマッソ(アシスタント)

「Chuun」でレギュラー番組配信中

中京テレビ地上波放送をアーカイブ視聴できると同時に、オリジナルコンテンツも配信している。

演出:倉本美津留
出演:Aマッソ、ランジャタイ、立川吉笑、田中光

いとうせいこうフェス出演!

いとうせいこう、岡村靖幸、細野晴臣、真心ブラザーズ、RHYMESTER、レキシ、スチャダラパー、小泉今日子、サイプレス上野とロベルト吉野、上田晋也、バカリズム、ユースケサンタマリア、竹中直人、ホフディラン、etc

スターたちのの中に、平成生まれの小童が放り込まれているのだ

詳しくい出演情報はこちら

-未分類