面白動画像

面白い動画や画像などクスリと笑える話題を集めました

ツッコミというよりフォロー?優しくて癒される漫才オススメ

2017/01/25


▼千原ジュニアもオススメの「大自然」

ええ声で笑えるのにヒーリング効果が…

左が白井、右が里。2015年7月7日に出会ってます。

大自然っていう漫才コンビの漫才が
ボケ✖️ツッコミじゃなくて
ボケ✖️やさしさで出来ている。

大自然きたー!
優しい漫才。
と思ったら狂気に満ちてるな~。
大自然やっぱり面白いな~。声がいい。いい声とのギャップ。

#M1グランプリ2016
#敗者復活戦

優しい…と思いきや狂気!確かにw

大自然の漫才を見て仄かに南海キャンディーズの漫才見た時と衝撃を思い出した。全然やっていることは違うけどヤバいヤツが漫才しているという雰囲気というか。

ヤバいヤツって、どっちのこと!?

▼ちょ、滑舌がw・・・耳をすませば「スリムクラブ」

この間はスリムクラブしか許されませんね。

左が真栄田、右が内間。二人とも沖縄県那覇市の出身です。

M-1グランプリ 2010に決勝進出、結果は準優勝[1]。これをきっかけに人気が上昇した。

2016年 M-1決勝にも進出していますね。

スリムクラブのネタが一番笑った。発される言葉と妙な間が私にはどんぴしゃでツボなんだな。久々にいい意味でくだらなくて楽しかった。万人受けはしないんだな。前に出たときも何ともいえない不安な間が面白かったけど、そのときとはまた違った空気感だった。

▼もはや伝説の男女コンビ「南海キャンディーズ」

M-1で脚光を浴びたときは、本当に衝撃でした。

2004年 第4回M-1グランプリ決勝進出 2位でした。
※2003年6月にコンビ結成してから1年半での決勝進出は、最短記録です。

左が山里(山ちゃん)、右が山崎(しずちゃん)。

そしてここからはわたしの私見なのだけど、高度なツッコミってボケと変わらないときありますよね。南海キャンディーズの山ちゃんのツッコミを初めて見たときのあの衝撃たるや。これと同じことが、一般の議論の応酬などでもあるのではないでしょうか?

新しいツッコミを生み出した、とも言われていますよね。

昔M-1グランプリのファンだったので、南海キャンディーズが出てきたときの衝撃はすごかったけど、山ちゃんがナレーター方面に化けるとは予想つかなかったよね・・。

山ちゃんけっこ良い声しているし、どんなものでも計算外では悪く言うことないですもんね。

2016年のM-1に久しぶりに挑戦。残念ながら準決勝で敗退。決勝で二人の漫才を見たかったー!

▼大人の気遣いにあふれた優しさ「華丸大吉」

ベテランおじさんコンビならではの笑い。こんなおじさん、会社にいてほしい。

華丸大吉さんの優しい漫才に癒される

左が博多華丸 (はかたはなまる)、右が 博多大吉 (はかただいきち)
九州の大スターです。

大吉は漫才での自分の役割を「ツッコミではなく、華丸をなだめている」としており、「いつかは全編ツッコミのない漫才をしたい」と語ったこともある[16]。

大吉さんがボケの華丸さんを、ツッコミで叩いたり否定したりすることがないのが、安心して笑えるんですよね。

博多華丸大吉ほどみてて癒されるお笑い芸人いますか?
博多華丸大吉サイコー!

スピード感があるボケと激しいツッコミの漫才も面白いですが、弱った心で楽しみたいときは、ほっこり優しい漫才を見たいですよね。
笑って元気になりましょう!

-未分類