面白動画像

面白い動画や画像などクスリと笑える話題を集めました

猫が室内楽のソリストに?? 猫動画から作曲した"CATcerto"が普通にいい曲でウケるw


猫が室内楽オーケストラと共演している動画がこちら。
とりあえず、前情報なしに聴いてみてください!

猫の「ノラ」が奏でる即興演奏をもとにこんな素敵な曲が……!!

リトアニア人指揮者のMindaugas Piecaitis氏は、ノラの演奏に魅了され、ネット上でノラの情報を調査。そのうちに、ノラとの共演を思いついた。「CATcerto」と名付けたこのプロジェクトをノラの飼い主のアレキサンダーさんに相談したところ、快諾されたため、実現に至ったという。

同じ舞台に立ったわけではなく、ノラが演奏したピアノの音に合わせてPiecaitis氏が新たに曲を作り、舞台上で動画とオーケストラによる演奏が披露された。

Piecaitis氏は、アレキサンダーさんが用意したノラの演奏動画から音をメモに取り、曲を完成させたそうで、その苦労は「CATcerto」の公式サイトで紹介されている。Piecaitis氏は曲作りだけでなく、ノラの演奏をどのように使って組み合わせるかに腐心したとコメントしており、オーケストラを使った初めてのリハーサルでは、ノラの音が出るタイミングを推測するのが難しかったという。

Mindaugasさんのバイオを見ると、リトアニア国立オペラ&バレエ劇場やリトアニア交響楽団などでも演奏されている作曲家・指揮者の方なんですね。
この曲は現在彼が指揮者をつとめるクライペダ室内楽団によって初演されました。ちゃんとしたプロの室内楽団で猫動画のソリストwwwなんか自由だなあwww
それもこの猫のソロと、それにつけられた曲が素晴らしかったからに他なりませんね。

これが最初にインスピレーションを与えた、ピアノを弾いてるノラの動画。

「ノラ」という名前のこの猫は、米フィラデルフィアでピアノ教室を開いているベッツィ・アレキサンダーさんの飼い猫。1歳でピアノに興味を示し始めたというノラは、4歳になった2007年に鍵盤を叩いている動画がYouTubeへ投稿されると、たちまち人気者になった。その動画は、現在までに1,400万回以上再生され、寄せられたコメントは2万4,000件にものぼっている。

ピアノ教室の飼い猫だけあって、生徒のレッスンの時に一緒に弾くのも好きみたいですね!

ノラは「レ・ミ・ファ」の範囲が特に好きなようで、きまぐれで半音も弾く。その音楽性は必要最小限の音だけで音楽を作る「ミニマルミュージック」の巨匠フィリップ・グラスとフリージャズの中間と評される。

ミニマルミュージックwwwwwww 確かに!

↓ こちらの動画では、バッハのメヌエットと一緒にノリノリで弾いていますww(1分40秒ごろから)
自分もその曲を一緒に演奏しているつもりなんでしょうね、ぎゃん可愛いいいい!

作曲者がノラちゃんに会いに来た動画がこちら。
でもあんまり一緒に弾いてくれなかったみたいですね^_^;
多分バッハやベートーベンとか弾いてみたらノッてくれたかも。

おまけ

こっちも可愛いです。

-未分類